どうしても支払いができなさそうな時はキャッシングを考えてしまう

いつもはお給料の中でやりくりをしていますが、急な出費が出て他の支払いが出来そうにない時、キャッシングの利用を考えてしまいます。

 

 

 

キャッシングはお手軽だし、フリーター生活の私でも利用することができるし、1万円くらいから利用できるので、すごく便利です。

 

それに即日融資ですぐに借りることもできるので、その点もいいです。

 

低収入者でも利用できるのは、すごく有難いです。

 

 

 

支払い日が前日って場合でも対応できるので、本当にどうしようもなくなった時は利用してしまうと思います。

 

 

 

ですが借金なので、いつもなるべく利用しないで済む方法をしています。

 

こういうのを一度利用してしまうと、「大丈夫」と甘えてしまいそうで、ちょっと不安です。

 

 

 

色んな会社がありますし、正直どれがいいのか分からず見送っていることもあります。

 

でも結婚とかもっと大きなことが関わってくるなら、キャッシングも利用することになるんだろうなと思います。

 

その時は無茶な借入れはせず、世に言う「計画的な返済ができる」借入れをしていけたらと思います。

 

無計画なキャッシングは命取り

私がまだ20歳そこそこの頃、やむを得ず学生向けのキャッシングを利用したことがありました。

 

もう忘れてしまいたい過去ではありますが、自己啓発セミナーに勧誘されて、断れずキャッシングをしてまで参加することにしてしまったのです。みんな借りて参加しているし大丈夫だよと言われ、それならいいかと軽い気持ちで借金することにしました。

 

しかし、部活動もしていてアルバイトもろくにできなかった私にとって数十万円の借金を返済するというのはとても大変なことでした。

 

親にも申し訳なく相談することもできず、毎月利息分ほどを返済するので精いっぱいで、なかなか減らない借金に焦る気持ちばかりで、でもどうすることもできない日々が続きました。

 

そして、完済できたのは卒業してから一年ほど経った頃でした。やはり自分でしっかりと安定した稼ぎがあり、返済する目星がついていないときに気軽に借金するのは考え物だと身をもって体験しました。

 

苦いけれど、いいお勉強になったと思いました。

 

キャッシングは出来ないのでローン

キャッシングもローンもあまり理解していない若いときに、

 

将来の目標を失いこれから何の仕事をしていいのか分からないときがありました。そんなとき資格をなにか取れば変わるかもと少し見学できたらいいなという

 

軽い気持ちで口座や資格が取れる教室をのぞくことにしました。

 

するとブライダルコースというのに目が行きその授業風景を見学することが出来ました。みんな生き生きしていて仕事をしながら習い事をしてとても

 

楽しそうでした。そんな空気にふれ担当の人が話してきました。

 

一緒に始めましょうと。就職のメリットや学校に行くことで得することなど色々言われその場でローン組めますよと話してきたので何も考えずにローンを組むことに。そのお金60万円以上。

 

なのに私は何も考えずこの教室に通えるならなんでもないと思い即契約。

 

自宅に帰り母に話すと大激怒。どうしてもしたい仕事でもないし

 

60万円という金額にすぐ印鑑を押す私に相当頭にきたみたいです。

 

結局卒業したもののなんの役にもたたず就職斡旋もなく意味無かったです。

 

バンクイック 学生


このページの先頭へ戻る